史跡マップ 史跡マップ
  • 2021/04/17
  • 2021/04/17
  • 表示回数:58回

御蔵橋跡

文字起こし
御蔵橋は、隅田川に面した松前伊豆守の 屋敷のそばの入り堀に架った橋で、この辺りに ありました。
堀の突き当たりは、御竹蔵(または御蔵地) という幕府の材木蔵でした。隅田川から船で 運んだ木材や竹の荷を、この堀から引き入れて、 御蔵地へと収納するようにできていたのです。 後に米蔵として使用され、現在は国技館や 江戸東京博物館などが建っています。
御蔵橋は、池波正太郎の「鬼平犯科帳 特別長 篇 雲竜剣流れ星」にも 登場していて、左側は、 まんまんたる水をたた えた大川が黒く横たわ り、ここへ来ると、まっ たく人影もなかった。 ......幅一間半、長さ。 五間の橋である。」と 書かれています。
御蔵橋 小林清親作
メモ
高札だけのスポットですが、鬼平犯科帳ファンは気になるかも。
住所
住所はありません
参考サイトのURLリスト
参考サイトはありません
関連記事のURLリスト
関連記事はありません