史跡マップ 史跡マップ
  • 2021/06/09
  • 2021/06/09
  • 表示回数:172回

駒止石(葛飾北斎ゆかりの案内板)

(こまどめいし)
文字起こし
文政時代(1818-1830)の正月の配り物として摺られた「馬尽」シリーズの一枚です。手前側に駒止石、一番奥には雪を頂いた富士山が描かれています。寛永8(1631)年の初夏、暴風雨で隅田川が氾濫し、あたり一帯が大洪水に見舞われた際、三代将軍家光が本所地区の被害状況調査を命じたところ、旗本阿部豊後守忠秋ただ一人がその濁流を馬上巧みに渡河し忠誠心を示したという逸話があり、その際に馬を繋いだのが「駒止石」です。当時は椎の木屋敷の前の隅田川岸にありましたが、現在は旧安田庭園内で見ることができます。
メモ
駒止石自体は隣接の旧安田庭園内にある。
住所
〒130-0015 東京都墨田区横網1丁目2−8
参考サイトのURLリスト
関連記事のURLリスト